1. ホーム
  2. 熊本市社会福祉事業団について
  3. 基本理念・設立目的と活動

熊本市社会福祉事業団について

基本理念・設立目的と活動

施設運営の理念、経営方針について

今日の少子高齢化等の社会背景の中で、社会福祉事業団職員の熱意と英知を尽くし、常に利用者へ提供する福祉サービスの質の向上に努め、利用者が個人の尊厳を保持しつつ、心身ともに健やかに育成され、又はその有する能力に応じ自立した日常生活を地域社会において営むことができるよう支援します。加えて、地域住民及び関係機関・団体と連携し、地域福祉の向上を図り、積極的な社会貢献に努めます。

基本方針

  1. 1.利用者本位のサービスの提供
    法人及び施設の運営にあたっては利用者の視点を基本とし、職員一人ひとりが、常日頃から、利用者のニーズを真摯に受け止め、サービスの質の向上に努めます。
  2. 2.地域社会への貢献
    当事業団の設立経緯を踏まえ、他の社会福祉法人の範となり、熊本市域全体の福祉の向上に積極的に貢献するとともに、特に施設においては、その施設が属する地域の中において信頼される施設となり、地域住民と連携しながら地域社会の福祉の向上に努めます。
  3. 3.セーフティネットとしての役割
    事業団の存在意義としてのセーフティネットたる役割を認識し、他の施設や事業所では受入が困難なケースについても積極的な対応に心がけます。

設立目的

昭和57年3月、根拠法令:社会福祉法第31条
熊本市が設置する各種社会福祉施設の運営を、適切かつ能率的に行うことにより、熊本市における社会福祉の増進に寄与することを目的として、設立された社会福祉法人です。
福祉施設の管理運営を社会福祉事業団に委託することにより、専門的能力を有した熱意ある人材を確保するとともに、施設利用者の増加等に対しても柔軟に対応でき、住民福祉の向上を図ろうとするものです。
また、今後ますます複雑・広範囲化していくと予想される福祉ニーズに対し、福祉施設でのサ-ビスと在宅福祉サービスとの一体的・効率的なサービス提供を行います。

熊本市社会福祉事業団について

基本理念・設立目的と活動  中期経営計画  沿革  開示情報