7月より、オンライン配信サービスを利用して資質向上の研修を実施しています。
コロナ対策としてなるべく「密」にならないように気を付けています。




新型コロナウイルスが流行する前は毎月開催していたヘルパーのチーム懇談会ですが、約3か月振りに行うことができました。

参加人数や互いの距離に配慮しながら、なるべく密にならないように注意しています。
これからもコロナ対策を適切に行い、毎月のチーム懇談会を継続していきたいと思います。
資質向上の研修はオンライン配信サービスを使用して行う予定です。




北部ヘルパー事業所と統合してご利用者数も増えましたが、お一人お一人と向き合いたいと思いご利用者さまに配布する広報誌を作成しました。
中央ヘルパー事業所の紹介や研修等の取り組みを発信していきたいと思います。




本日、中央デイサービスセンターにて「パワーアシストスーツ」の説明がありました。
装着型の作業支援ロボットで、人や重い物を持ち上げる、中腰姿勢を続けるといった、身体に負担のかかる作業で動作をアシストすることで作業負担を軽減させ、腰痛予防にも貢献できる、というものです。
実際に装着してみましたが、物が軽く感じるというよりも腰と太ももにばねがついたような感覚で、腕で持ち上げるのではなく腰で持ち上げるような動きになりました。また、中腰などの無理な姿勢の維持はとても楽になりました。




小山サ責の長年の功績が認められ、令和2年春の褒章の受章者に選ばれました。
本来は皇居で天皇陛下から授与される予定でしたが、コロナの影響で残念ながら表彰式が中止となってしまいました。





本日、いつもお世話になっている明生園の草取りをお手伝いしました。

これだけたくさんの草が取れました!
きれいになった中庭も見て、ご利用者様も喜んでおられました。
これからも法人内の連携も強化していきたいと思います。




介護技術を見直した!!

2020年2月26日 水曜日

令和になって、東部1チーム初めての研修『介護技術研修』が開催されました。
コメント 2020-02-26 173531
2月19日(水)18:30~ 秋津デイルームで23人が参加でした。
コメント 2020-02-26 173708
まずは、研修メニューについての説明。
講師は、秋津デイ東郷所長、理学療法士の長谷川さんにお願いしました。
皆、いつもと違って緊張気味。
二人一組になって、実技研修。
寝返り~仰臥位~起き上がり。
基本的な介助方法ですが、改めて「あ~そうだったよね」
コメント 2020-02-26 174154
遠心力を使って・・と思っても、なかなか。
コメント 2020-02-26 183140
次は、端座位~移乗。タイミングと車イスとベットの距離も考えてするのも大変。
ひととおりの実技研修の最後に、ヘルパーの身体のリラックス方法もレクチャーしていただました。
コメント 2020-02-26 183502
介護の基本を学び直した研修でした。
忙しい中、時間を割いてくださった講師の方に感謝です。




11月22日(金)秋津まちづくりセンターにおいて、東部1チームが調理研修を行いました。
テーマ:「サルコペニアを防止する食事」
講師に同法人平成事業所伊藤所長をお招きし、スベラカーゼミートを使い、材料を柔らかくし、オーラルフレイル状態の利用者でも食欲が沸き、美味しく食べられる食事を作るーを目的に対照実験も交えて実習を行いました。


最初に、伊藤所長の講義があり、「オーラルフレイルとは?」「なぜ、今サルコペニアの防止が必要か?」等、解説があり、オーラルフレイルへの対応がいかに大事かを学びました。

予め、スベラカーゼミート液に浸した食材とそうでない食材を準備。

ポトフと筑前煮の献立で、浸した食材と浸してない食材を使い、4個所で調理開始!



他に、むかごご飯や茶わん蒸し等、利用者が食欲が沸くお食事膳ができました。

皆で試食。
やっぱり、スベラカーゼミート液に浸した方は、肉や人参、レンコン、牛蒡が柔らかくできました。
参加したヘルパーも、元気に活動する為、含有量も考えて、蛋白質を積極的に摂取していこうと言う話がでました。




東部ヘルパー事業所です。
令和1年7月19日(金)秋津デイルームをお借りして、チーム合同で『救急救命について学ぼう!』研修をしました。
ヘルパーの訪問時に、利用者様が倒れているかもしれない場合もあるので、今回合同で、熊本東消防署から救急救命士をお招きし、救急救命について胸骨圧迫とAED蘇生法を中心に、講義と実習指導を受けました。
人体模型を使って説明。皆、久しぶりに車座になって講義に傾聴。

4班に分かれて、胸骨圧迫の実地訓練。
「こんなに深く押すんだ!」「疲れた~」
あちこちから感嘆の声。実際してみるとたいへん!




AEDの操作も教えてもらいつつ、いろいろな場合の対応も教えてもらいました。



研修はガイドライン2015に基づく内容で、
 1.胸骨圧迫は5cm~6cmの深さ
 2.1分間のリズムは100回~120回
 3.胸骨圧迫では、胸をしっかりと元の位置に戻す
 4.できるだけ胸骨圧迫を中断せずに行う
 5.呼吸の確認に迷ったらすぐ胸骨圧迫
 6.対応に迷ったら、119番通報で指示を仰ぐ
とても勉強になりました。
熊本東消防署の方々に感謝です。




平成30年度資質向上を目的とした最後の調理研修を実施しました。
  ・11月22日(木)18時30分~21時
  ・秋津まちづくりセンター調理室
今回のテーマも『季節の材料を使った、減塩食・糖尿病食』
17人の大人数を、2班に分けてレシピ無しで、メンバーの創意工夫を持って
7品作りました。
メニュー
  ・きのこと魚のホイル蒸し(ノンオイル)
  ・茶碗蒸し
  ・のっぺい汁
  ・紅白なます
  ・さつまいものレモン煮
  ・さつまいもとパインのサラダ
  ・炊き込みご飯(生姜入り、むかご入り)
集合し、サ責からメニューの説明があり、そこから作り方を決めてスタートでした。

茶碗蒸しは、強火1分→弱火10分。
プルンとした口当たりに仕上がりました。

余ったマヨネーズをかけて焼くのも、発案!

さつまいもは美容と健康にGood!

のっぺ汁には、ネギたくさんで。
鶏だしで、薄味でもおいしくできました。

むかご入りご飯は、味付無しでも風味がばっちり!

季節御膳の出来上がり。

最後に所長も間に合って、一緒に会食できました。
この研修を参考に、新しいメニューにトライしていく予定です。




« 前のページ