中央ヘルパー事業所では、重度障がい者大学等進学支援事業のお手伝いをしております。




8月に入り、猛暑の中、マスク着用、時にはフェイスシールドと予防着着用でヘルパーも頑張ってます。
7回目のPCR検査も、唾液を頑張って採取。全員陰性!ほっとしているところです。
今月も、常勤が交代出勤となり、各方面にご迷惑をおかけしました。
定期で行っているヘルパー研修は、今月も紙面による自宅での学習になりました。

食中毒への対応は、感染症への対応にも繋がる事です。
しっかり確認しましょう。






7月17日に熊本県ホームヘルパー協議会の研修があり、中央ヘルパー事業所から7名が受講させていただきました。
研修の前半部分では熊本県介護福祉士会の石本淳也会長よりご講義があり、後半は参加者を少人数のグループに分けて意見交換会がありました。石本会長のお話はとても分かりやすく、介護保険のこれまでの変遷や今後の方向性や課題を知ることができました。また、他事業所の方との交流もとても勉強になり、良い刺激となりました。

コロナ禍のため、オンラインでの受講です。




7月より、中央ヘルパー事業所に常勤ヘルパーが入職されましたのでご紹介いたします!
村上未来(みく)さん
7月から入職しました村上未来です。介護の仕事は初めてですがよろしくお願いします!




東部ヘルパー事業所では、5月のPCR検査も全員陰性でしたが、念の為、6月の研修は、
資料を見ながらの自主学習となりました。
テーマは『KYTトレーニング・交通』
今回の資料作成は、谷口サ責。

訪問介護の仕事は、移動がつきものです。車、バイク、自転車、徒歩など移動手段は様々ですが
もう一度安全について考えてみる・・・。
交通場面の状況からどんな危険が考えられるか、どの様に対処すべきか?事前に考えておくと、
いざという時対応できるように、トレーニングです。




« 前のページ